プーアル茶を飲むようになって調べた歴史や効果や注意点について

プーアル茶は中国から伝わってきたお茶で、日本でも400年以上も前から飲まれています。中国では2000年以上も前から飲まれているとの話もあります。
主な原産地は中国の雲南省ですが、ベトナムやミャンマーなどでも作られています。
ちなみに、お金を出して良いものを買ったとしても悪質な手口で売っている場合もありますので、しっかり神羅のあるところで買うのが間違いないです。

・プーアル茶の効果は?
プーアル茶はウーロン茶と兄弟に当たるともいえます。
つまりウーロン茶と同じようにダイエットに効果的なのです。
プーアル茶は脂肪燃焼効果と脂肪の燃焼を止める効果があります。
まず脂肪燃焼効果ですが、
プーアル茶には、中性脂肪を燃えやすくするためのリパーゼという酵素を増やす働きがあります。このリパーゼにより長い間体内に蓄えられいる中性脂肪が、燃焼するための「遊離脂肪酸」に変わるのです。
中性脂肪が遊離脂肪酸に変わると、運動などで燃焼されていくので、ダイエットに繋がるという原理です。

次に脂肪の燃焼を止める効果ですが、
脂肪は体内で分解してから吸収されます。
ということは、分解しなければ吸収もされないのです。
そこでプーアル茶に含まれるカテキンと没食子酸が、胆汁に結びつき、胆汁の働きを制限します。
この働きを制限することで脂肪が消化したり吸収されたりするのを防いでくれるのです。
後はそのまま体外に排出されますので中性脂肪が増えるのを減らしてくれるのです。

私がプーアル茶を飲むようになったのは、仕事の同僚が中国に出張に行った時にお土産として買ってきてくれたことがきっかけです。
その時にプーアル茶について調べたことで、このような効果があることを知りました。
こんな素晴らしい効果があるのかと、それ以来無くなってもネットで注文して飲み続けています。
そのお陰か、運動が苦手な私ですが体重の増加はあまりありません。

ただ、プーアル茶について注意してほしいのが、
まず、カフェインが含まれていることです。
これは他お茶にも含まれているものはありますので、
妊婦さんや授乳中の方はしっかり表記を確認して下さい。
次に、プーアル茶の育成環境次第では成分にシュウ酸が含まれているものあります。
シュウ酸は体内にあるカルシウムと結合することで尿路結石を引き起こすことがあります。
中国産などだとそのような危険性も高いとされています。
現在では日本でもプーアル茶が作られていますので、
なるべく国産のものを選ぶようにした方が安心です。

メリットデメリットありますので、ダイエットにいいからと飲み過ぎると逆に体に悪影響になる恐れもありますので、飲み過ぎないようにして下さい。
食事中に適量飲むだけで十分効果は得られると思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *