icg-daegu2012オフィシャルーダイエットプーアル茶の真実

ダイエットプーアル茶は、中国雲南省を原産地とした中国茶の一種です。中国茶には緑茶、黄茶をはじめ六種類ありまかすが、ダイエットプーアル茶は黒茶になります。お茶は発酵度が高いほど身体への刺激が少ないと言われています。黒茶は二回発酵させる「後発酵茶」という方法で作られているので身体への刺激が少ないヘルシーなお茶です。

ダイエットプーアル茶には、普通の茶葉の状態の「散茶」と発効前に型などに入れて固めた「固形茶」があります。ワインのように何年も寝かせると独特の熟成した味わいとなり、古いお茶ほど高級とされ、熟成年数が重なれば重なるほど、ヴィンテージものとしての価値が高くなります。

中国3000年の歴史!ダイエットプーアル茶を飲んで痩せる!

茶葉を発酵させる過程において没食子酸というのを生成し、脂肪分解力が高くダイエット効果が期待できるお茶としても有名です。ダイエットプーアル茶の中でも良く知られているのが雲南ダイエットプーアル茶です。脂肪を分解し消化促進作用があります。

一煎目は洗茶という意味で捨てて、2煎目から飲むのが作法のようです。「プーアール小陀茶」というダイエットプーアル茶は、一人分のお茶をお団子のように丸めて発酵させたお茶です。カップに入れてお湯を注ぐだけで気軽に楽しめます。抽出時間は一分半程度が目安です。味はまろやかで飲み易いお茶です。固形茶のダイエットプーアル茶には、「雲南七子餅茶」といのがあります。

よくほぐしてから、急須に入れます。抽出時間は1分程度となります。1煎目は洗茶として捨てて2煎目から飲みます。熟成期間が10年以上にもなるとヴィンテージ品として貴重なお茶になります。長い間熟成させると、まろやかでブランデーのような芳香を放ち、7~8煎目までしっかりと飲めます。ダイエットプーアル茶に含まれているポリフェノールやカテキンには抗酸化作用があり、これがアンチエイジング効果を発揮し肌のシミやシワを防ぐ効果も期待できます。
日本で馴染み深い烏龍茶は「青茶」という種類になります。発酵を途中で止める「半発酵茶」になります。発酵度は15~70%と幅広く様々な種類があります。

「青茶」は豊かな香りが特徴です。青茶の中でも有名なのは、世界遺産に登録されている「武夷岩茶」を代表する「鉄羅漢」というお茶です。岩肌から染み出る豊富なミネラルを含んでいるので、岩韻という岩茶独特の後味と残り香に特徴があるお茶です。抽出時間は1分間程度で、柑橘系の果実のような香りと爽やかな甘味があります。

日本人の生活に馴染んで何気なく飲んでいる中国茶ですが、種類も黒茶、青茶、黄茶以外にも、白茶、紅茶、緑茶などと種類が豊富です。それぞれのお茶の微妙な味と香りの違いを楽しんで、健康と美しさを保ちましょう。

“ウーロン茶やジャスミン茶、ダイエットプーアル茶など、中国茶は個性的なものが多いですよね。
それぞれ独自のおいしさがあって、日本茶や紅茶とは違った魅力がいっぱいです。

私も時々茶葉を買って、楽しんでいます。
ペットボトルのウーロン茶よりは、やはり自分で入れたお茶の方がおいしいのです。
これは日本茶でも同じですが…。

とはいえ我が家には、専門店にあるような、中国茶用のティーセットはありません。
ポットで淹れて、マグカップか何かで飲むだけです。

こういう時、不思議と日本茶用のものって使いたくないんですよね。
もし香りが残ってしまったら、次に日本茶を淹れた時に、美味しくなくなるかも、と思ってしまうんです。
たとえしっかり洗っても、気になるものは気になるのです。
中国茶の香りは強いので、日本茶、ことに緑茶の繊細な香りを壊してしまいそうな気がするんです。
だから我が家では、紅茶用のものを使うことにしています。
それでも香り移り香気になるっていえば、気になるんですけどね…。

ところで家で中国茶を飲むとき、いつも迷うことがあります。
それは、一煎目を捨てるのかどうか、ということ。

昔から、中国茶は一煎目を捨てるのが安全な飲み方、と教わってきました。
その理由としては、中国では、お茶の葉を干す時、土ぼこりの舞う屋外で行うからだ、と。
お茶の葉に着いた汚れを落とすために、一煎目は捨てなければならない、と。

ダイエットプーアル茶の効能は素晴らしいと専門家も評価しています。詳しくは下記サイトが非常に参考になります。

参考_ダイエットプーアール茶.com公式

しかし今では、多くの中国茶が、工場で生産されているそうです。
だから、泥や汚れを洗い流す必要はそこまでないのではないか、という印象も受けます。
まぁ中国の食品加工工場ですから、私たちの感覚的なものでいえば、安全性はその辺の地べたと大差ないかもしれませんが…。
それでも泥の付着が少なくなっているのは、確かでしょう。

こういうことを気にするようになったのは、最近ジャスミン茶も飲むようになったからです。
ジャスミン茶は緑茶と同じ、無発酵のお茶です。
ジャスミンの香りまでついているので、当然、一煎目が一番香り高くおいしそうです。
だから、そこのところを捨ててしまうのは、もったいないな、と思わざるを得ません。

中国茶の一煎目をどうすればいいのか気になって、雑誌や本、ネットでも調べたことがあります。
どうやら現地では、発酵の強いお茶以外に対しては、一煎目を捨てる、というのはすたれてきているようではあります。
だからジャスミン茶も、一番おいしいところをそのまま飲んで差し支えない、といえば、差し支えなさそうなんです。
ただ、それでも気になる衛生上の問題に関しては、今のところ納得できる解説を目にしたことがありません。
本当に一煎目を捨てなくても安心して飲めるのか、まだまだ疑問は消えません。

プーアル茶を飲むようになって調べた歴史や効果や注意点について

プーアル茶は中国から伝わってきたお茶で、日本でも400年以上も前から飲まれています。中国では2000年以上も前から飲まれているとの話もあります。
主な原産地は中国の雲南省ですが、ベトナムやミャンマーなどでも作られています。
ちなみに、お金を出して良いものを買ったとしても悪質な手口で売っている場合もありますので、しっかり神羅のあるところで買うのが間違いないです。

・プーアル茶の効果は?
プーアル茶はウーロン茶と兄弟に当たるともいえます。
つまりウーロン茶と同じようにダイエットに効果的なのです。
プーアル茶は脂肪燃焼効果と脂肪の燃焼を止める効果があります。
まず脂肪燃焼効果ですが、
プーアル茶には、中性脂肪を燃えやすくするためのリパーゼという酵素を増やす働きがあります。このリパーゼにより長い間体内に蓄えられいる中性脂肪が、燃焼するための「遊離脂肪酸」に変わるのです。
中性脂肪が遊離脂肪酸に変わると、運動などで燃焼されていくので、ダイエットに繋がるという原理です。

次に脂肪の燃焼を止める効果ですが、
脂肪は体内で分解してから吸収されます。
ということは、分解しなければ吸収もされないのです。
そこでプーアル茶に含まれるカテキンと没食子酸が、胆汁に結びつき、胆汁の働きを制限します。
この働きを制限することで脂肪が消化したり吸収されたりするのを防いでくれるのです。
後はそのまま体外に排出されますので中性脂肪が増えるのを減らしてくれるのです。

私がプーアル茶を飲むようになったのは、仕事の同僚が中国に出張に行った時にお土産として買ってきてくれたことがきっかけです。
その時にプーアル茶について調べたことで、このような効果があることを知りました。
こんな素晴らしい効果があるのかと、それ以来無くなってもネットで注文して飲み続けています。
そのお陰か、運動が苦手な私ですが体重の増加はあまりありません。

ただ、プーアル茶について注意してほしいのが、
まず、カフェインが含まれていることです。
これは他お茶にも含まれているものはありますので、
妊婦さんや授乳中の方はしっかり表記を確認して下さい。
次に、プーアル茶の育成環境次第では成分にシュウ酸が含まれているものあります。
シュウ酸は体内にあるカルシウムと結合することで尿路結石を引き起こすことがあります。
中国産などだとそのような危険性も高いとされています。
現在では日本でもプーアル茶が作られていますので、
なるべく国産のものを選ぶようにした方が安心です。

メリットデメリットありますので、ダイエットにいいからと飲み過ぎると逆に体に悪影響になる恐れもありますので、飲み過ぎないようにして下さい。
食事中に適量飲むだけで十分効果は得られると思います。

プーアル茶との出逢いからダイエット成功まで

高校生の時に容姿を意識し始めた時に、ちょうど父がダイエット効果のあるというプーアル茶の缶を会社で取り扱いを始めたと聞き、なんてナイスなタイミングと思い頼みこんで大量にもって帰ってもらうようになったのがきっかけで飲み始めました。
正直、最初の一口はわたしにはまずい、濃い、のみずらいの三拍子でした。しかし当時サーフィンをはじめる為に水着を着るのにダイエットしなくちゃ!!と成功させたい気持ちで頭はいっぱいで必死でしたので毎日、コップ一杯をノルマにプーアル茶生活をスタートさせました。一週間もすると味にはなれ息を止めて飲まなくても大丈夫になり、二週間目にはホットは美味しいと思い、三週間目にはすっかりなくてはならない習慣になるまでに変わっていきました。
食事制限ももちろんダイエット中でしたのでしていましたが、体重はどんどんと落ちていきました。ただやはり外食などするときは誘惑に勝てずついつい油っぽい食事やスイーツに手が伸びました。しかし濃いめのプーアル茶を飲むことで口のなかの油を流してくれる上、さっぱりするとともにお通じもよくなりました。身体が痩せやすい燃焼するタイプに変わってきたんだと実感致しました。飲んでいると安心感もあり、ダイエットのストレスも徐々になくなり無理なく続けられるようになりました。最初は缶に入っているものを3ヶ月程飲み続けていましたが、大型スーパーでプーアル茶の茶葉をみつけ、ちょうど季節も冬になり急須に入れてホットでもの飲むようになりました。
ホットの方が身体が隅々まで温まり脂肪燃焼率があがったように感じました。
ただでさえ冬は寒さで脂肪燃焼率が上がる時期ですので
相乗効果でとても精神的な満足感が得られました。
のみ始めて半年位になると一日一杯ではなく、水筒にもいれ外出先でも飲むようになり水筒はお守りの様に肌身離さず持ち歩きました。友人等にも痩せたよねーどうやって?なんて聞かれるとプーアル茶のおかげだよとすすめました。友人達との間でちょっとしたブームになり
ダイエットだけでなく、肌のぶつぶつが減ったとか、便秘が良くなったとか、朝、ホットで飲んだら二日酔いが楽になったかも等々、友人達との間で様々な効果がある可能性がわかりました。当時は分からないことは手元でググるなんて常に辞書を持ち歩けるような環境はなく、身を持って体験するしか手段がなかった分、友人との様々な体験談は信憑性がとても高く満足のいくものだったと今でも思います。

プーアール茶っていったいどんなお茶なんだろう?

プーアール茶は後発酵と呼ばれる発酵方法で作られたお茶です。熟成具合により緑茶やウーロン茶には無い個性的な風味があり大地を連想させるような香りになっています。特有の香りですのでやや苦手な方も居るでしょうが飲み続けていくうちにこの癖が好きになっていくでしょう。
歴史は2000年以上前からとかなり古くから存在する物になっています。プーアールの名前の由来は雲南省南部のプーアール県で採取されたものだというのが由来だそうですが現在は茶栽培自体は衰退し集積地として有名になっており栽培と生産自体は雲南省を中心にその周りの省が生産しています。実は中国以外にも近くの東南アジア諸国でも生産されているそうです。
プーアール茶の形状は散茶と呼ばれる茶葉を固めずにそのまま仕上げたもので日本で最も見かける形状であり馴染みのもので中華料理店で出されるプーアール茶もこのお茶になっています。もう一つは固形茶と呼ばれるものでかつてかこちらの方が主流であり形毎朝形を崩して提供していたそうですが作っていくうちに偶然出来たプーアール散茶によってほぐす手間がかからず手軽だと言う事でこちらにシフトしていきました。固形茶の種類としては餅茶、竹筒茶、方茶など様々な種類がありました。
プーアール茶に含まれる特有の成分はご発酵の働きにより脂肪分解酵素であるリパーゼが発生しますので余計な脂肪分を分解し排出する効果が期待できます。茶葉に含まれているカテキンには脂肪吸収を抑えながらリバウンドを抑制する効果もあり水分の排出を促しむくみを予防できるので体脂肪が気になる方やダイエットする方にとっての強い味方になりますね。
プーアール茶を美味しく飲むコツとしてはまず洗茶という事をしますがこれは茶葉などのホコリやアクなどを取り除く作業になります。茶葉を茶器に入れ茶葉がつかるくらいまでお湯を注ぎます。2~5秒程度置いてから1煎目は飲まずにお湯を捨て様子を見てもう一度行います。次はお湯を捨てもう一度茶器にお湯を注ぎお湯の量はカップに一度注ぎきる様にします。フタをして1分程したら注ぎ切りその後は数回同じようにしてお茶を楽しむ事が出来ます。日本では中国のお茶と言えばウーロン茶の方が知られていますがプーアル茶は同じように美味しくて尚且つ栄養価も高いのが特徴です。同じプーアル茶と言っても種類が数えきれないほどありますし産地ごとにまた違った味を楽しむ事が出来るのも魅力ですね。

プーアール茶は体にいい!でもどんな効果があるの?

“\プーアール茶は体に良い!
とよく聞きます。

健康にいいから飲んでいる。
普段飲んでいるお茶に、プーアール茶も入っている。
でも「どんな効果があるのか」は知らない…
そうゆう方も多いのではないでしょうか?

ではプーアル茶を飲むと、どんないい効果があるのでしょうか?
プーアール茶の効果について書いてみました。

プーアール茶といえば、見た目は麦茶やウーロン茶によく似ています。
実際、原料は「同じ」なのだそうです。
主にプーアール茶を飲むと期待できる効果
その1「便秘に効く」
便秘は女性の大敵です。
便秘が続くとおなかにガスも溜まってしまって嫌ですよね。
スムーズになってくれると嬉しいです。

その2「免疫力のアップ」
様々な病気は、免疫力が落ちることで発生しやすくなります。
飲むだけで免疫力アップを期待できるなら続けたいですね。

その3「ガンを予防する」
プーアール茶にそんな効果があるなんて…
ガンは将来の不安材料です。
飲み続けることで効果が期待できるのは助かります。

その4「ダイエットに効果あり」
食事と一緒に飲むのも効果がありそうです。
ダイエット効果があるのは重要です!

その5「冷え性に効く」
女性はほとんどの方が冷え性だそうです。
悩んでいる方は効果が期待できそうですね。

その6「美肌に効果あり」
お茶はお肌に良いといわれますが、プーアール茶も
美肌にとてもいいそうです。
いくつになってもお肌はキレイでいたいですよね。

プーアール茶の効果について6つ書きました。
しかし、注意するポイントがあります。
どんなものもそうですが、大量に飲むと体によくない場合があります。
「副作用」が出てしまうことがあるので、
飲む際は、量に気をつけて飲み続けたいですね。
理由はカフェインが入っているからです。
でもカフェインの入っている飲み物は多いですよね。
妊婦さんは注意した方がいいですね。

ではプーアール茶の1日あたりの摂取量とは、
どれくらいがいいのでしょうか?
普通のひと(妊婦さんは除く)であれば
1000mlくらいまで大丈夫のようです。

プーアール茶は体にいい効果が期待できます。
どんな効果があるのか分かっていると、その効果が出てきた時に
嬉しくなります。
分量を守って、良さをいっぱい取り入れたいですね。
水分は、私たちの体に毎日必要になるものです。
その水分を、体にいい飲み物に変えることで、健康な体作りに繋がります。
まだ飲んだことのない方も、試してみてはいかがでしょうか?”
\\

ダイエット効果の他にも嬉しい効果が期待できるプーアル茶

プーアル茶という名前は聞いたことがあるけどどんなお茶なのか知らない方も多いと思います。
ダイエット効果があると言われているので特に女性は飲んだことがある方が多いかもしれません。
プーアル茶にはダイエット効果以外にも嬉しい効果が期待できます。では、具体的にプーアル茶にはどのような効果があるのか紹介していきます。

〇脂肪燃焼
体に蓄えられてしまった中性脂肪を燃焼しやすくする酵素であるリパーゼの分泌を増やしてくれます。

〇脂肪吸収を防ぐ
プーアル茶に含まれている重合カテキンと没食子酸(もっしょくしさん)が脂肪の消化吸収を防いでくれます。
脂肪はそのまま体外に排出されるので中性脂肪が増える心配がありません。また重合カテキンは糖分の吸収をゆるかにしてくれます。

〇腸内環境の改善
プーアル茶に含まれているポリフェノールが胃腸の働きを活発にしてくれます。
胃腸の働きが良くなると腸内の善玉菌が増え便秘が解消されたり、ニキビなどの肌トラブルを改善してくれます。

〇デトックス効果
カフェインの利尿作用によりコレステロールなどの老廃物が排出、カリウムにより体内のナトリウムが排出されます。
また、タンニンが血流をよくする効果があり新陳代謝が活発にしてくれます。このことによりむくみの解消 肌荒れ便秘の解消が期待できます。

〇免疫力アップ
カテキンの殺菌効果により体内に入り込んだウィルスなどを退治してくれます。

〇アンチエイジング
カテキンとポリフェノールが老化の原因になる活性酸素の発生を抑えてくれる作用を持ちます。
肌が綺麗になるのはもちろんのこと内臓の老化を予防してくれます。
その他タンパク質 ビタミン ミネラル マグネシウムなど含まれているのでプーアル茶は老化防止や健康維持に役立ってくれます。

〇冷え性改善
プーアル茶は発酵という過程を経て作られています。発酵茶は体を温める作用があります。体が温められ代謝が上がるので体の中から温まります。
冷えでお困りの方は、プーアル茶をホットで飲むことをお薦めします。

このようにプーアル茶にはダイエット効果だけではなく免疫向上やアンチエイジングなど体に嬉しい効果が期待できます。
しかし、少量のカフェインが含まれているので妊婦や授乳中のかたやお子様は飲み過ぎなように注意してください。
カロリーも糖質も0なのでジュースなどの代わりに飲めばカロリー摂取も抑えられ更にダイエット効果が期待できます。
嬉しい効能のあるプーアル茶、是非飲んでみてはいかがでしょうか?